web制作のスキルを習得して会社で役立つ社員に!

web制作で大切なHTMLとCSSの知識

web制作ではHTMLとCSSの知識が不可欠です。インターネットのサイトはプログラムでできています。サイトの画面はHTMLとCSSという二つのマークアップ言語によりつくられています。web制作ではHTMLとCSSを使って表示したい内容を盛り込むことにより、思い通りのサイトをつくることができます。HTMLとCSSはサイトの画面をつくるための決まりごとです。始めにつくった人々が、その構成を決めています。我々は決められたマークアップ言語により、画面に表示したい内容を記載します。HTMLには画面に表示する内容そのものを記載し、画像もリンクもそこで設定できます。しかし、HTMLだけでは情報が順番に並ぶだけで面白みがありません。CSSでは情報の配置や画像の大きさ、フォントの色などを指定し、見栄えを良くします。

サーバー借りてサイトの公開

HTMLとCSSで書いたファイルは、手元のPCのブラウザで見ることができます。しかし、インターネット上で誰からも見える状態にはなっていません。インターネット上で誰からも見える状態とするには、サーバーを借りてサイトを公開する必要があります。レンタルサーバーは商用のものが様々提供されています。個人でも法人でも利用が可能です。サイトの規模に応じて借りるサーバーを決め、その中でサイトを公開することにより、インターネットで誰もが見ることのできるページが出来上がります。HTMLとCSSだけでは動くサイトはつくれません。動きのあるサイトをつくるためには、さらに、JavaScriptの技術が必要となります。お問い合わせフォームやサイト上での買い物のためのカートが必要となる場合は、本格的なプログラム言語であるPHPなどによるサイトの作成が必要となります。

webサイト制作の満足度を高めるうえで、ウェブデザイナーをはじめとする専門のスタッフが揃っているIT企業に対応を任せることが有効です。

© Copyright Create Best Website. All Rights Reserved.