web制作って何?初心者は必見!

初心者がWeb制作を行うには

初心者はインターネットでページを閲覧し、どのようにしたら作成することができるのかを考えます。環境によって都市部に住んでいて研修やセミナーを受けられる場合には出席できますし専門学校へ通うことも出来ます。さらに地方に住んでいてそういうことが出来ない場合は独学でも始めることが出来ます。独学も解説書もあれば動画で説明されるものやブログで参考になるものもあります。
基本的にはインターネットの仕組みを知るところから入って行くことになります。HTMLはHyper Text Markup Languageの略語でありテキストや画像の配置などの内容を決めるための言語です。CSSという用語も大切でこれはCascading Style Sheetsの略語で前記のHTMLの内容をどういう風に装飾するべきかを指示する言語です。

Web制作での大まかな流れとしては

基本的なことが分かれば時間的なこともあり、市販のホームページ作成用のソフトも価格も安くこれを利用するというのも時間短縮に繋がります。ある程度写真やイラスト、ロゴなどの素材も揃い、一通りのものを自分で作ることが出来ます。
ある目的のもとでターゲット層を想定し、コンセプトに基づいて制作を開始します。個人の趣味や企業やサービスの紹介、通信販売やアフィリエイトなど始める場合はより多くの人たちにアクセスしてもらうことを目標にします。
内容を整理してタイトルやロゴマークを考えメニューの構成を行います。メニューからは各ページにリンクを貼り、ページにおいてはテキストや静止画、イラスト、その他の素材をバランス良く配置し、色彩にも気を配ります。著作権表示やページ数が多いとサイトマップも作成します。
出来上がるとサーバーへアップロードを行い、リンクのチェックや更新作業を行い、サイト登録も行っておきます。

webサイト構築のコツをつかむうえで、プログラミングやデザインの基礎を学んだり、時には外注先にサポートを受けたりすることも効果的です。

© Copyright Create Best Website. All Rights Reserved.